読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予告編オブザイヤー2015

映画本編の出来とか関係なく、とりあえず上映が楽しみになる予告編を評価するこの予告編オブザイヤー。選考基準に厳格なルールはなし。日本語版だろうと英語版だろうと、1分半だろうと3分だろうと何でもありのフリースタイル。あと、本編を見た後に「予告編のあのわくわくはいったいどこに……」みたいな作品の予告編の編集の技術を逆算的に評価する、みたいな意味合いも多少あるんやで。

ちなみに去年2014年の予告編オブザイヤーはこちら。


インヒアレント・ヴァイス(字幕版) (予告編)

監督PTA、原作ピンチョン、ということで否応なくハードルが反り立つ壁ほどに高まったが、本編を観たところ個人的にはそれほどだった。いや、この予告編見る限り傑作の匂いしかしないじゃないですか。

 

ということで今年です。

まず大賞から。


The Revenant TRAILER (HD) Leonardo DiCaprio, Tom Hardy Movie 2015

西部劇好き、ということも多分にあるんだけど、これはすごすぎないですか。画面全体から匂い立つガチ感のサバイバルの香り。泥水、雪、血。木の上にいる敵の撃ち落とすシーンのすばらしさ。呼吸に合わせたBGM。来年公開の映画でダントツに観たい、と思わせてくれました。

そして次点。


映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』予告編

まあこれはしょうがないでしょう。ぶっちゃけこれは本編のどこを切り取っても高水準の予告編ができてしまうほどに全編破壊力のある映像だった。What a lovely day!の叫びは本当に心震える。サイッコー。

また次点。


Suicide Squad - Comic-Con First Look [HD]

え、ウィルスミスまでヒーロー映画に!?そんな映画界の昨今の力学に目をやりつつ、しかし目の前にこういう明らかに面白そうなものを差し出されると、首を垂れるしかねえなあ。ハーレクイーンのセクシーさもさることながら、戦に駆り出される悪人たちの悲哀に満ちた運命を予感させる悲しい音楽。そして忘れてはならないジャレットレト演じるジョーカーの不敵な笑み。故ヒースレジャーに引けを取らない雰囲気である。

この3つを今年の収穫として挙げたいと思います。

あとマッドマックスだけは本編も上映済、鑑賞済み、とあって予告編への見方が他のと若干違ってくるんだが、それもなんか致し方なし。次回から、来年からは分けたほうがいいかもしれませんね。

ということでディカプリオが今度こそオスカーを獲れるように祈っています。